打ちのめされる経験。

こんばんは。

若菜です。

なんか久しぶりだなぁ。

 

最近は、

日記に書いたり、Twitterでちらっと書いて満足してしまってることが多かったんだけど、

また、少しずつ、

ブログに書くっていう、

発信と振り返りの習慣を付けようかなと。

 

*****

 

3月、4月と、

いや、2月末からかな…?

 

いままで触れてこなかった世界に触れる機会がすごい増えてる。

 

なんというか、

その場にいる人たちの見てる世界が今の私とは違うなと感じるというか、、、

 

具体的に言うと、

スタートアップとか、起業とか、VCとか、、、

いままで私の中ではドラマの中の話だったものが目の前に現れてる感覚。

(起業するとかって話ではないです念の為)

 

今までも、身近に(それこそ友人の周りとかに)あったのかもしれないけど、

多分視界に入ってなくて、五感の感ずる外にいた。

 

それが、五感で感じる位置に入ってきている。

という感覚。かな。ふんわりと。

 

まさにドラマの中の話だったから、その世界の話をする方々の近くに立った時に、、、

 

この場に居ていいのか?

という思いと、

 

この場にいれる現実に、置いてくれた人に感謝!!すごい!!

という思いと、

 

感謝だけ、すごいなぁだけで終わらせちゃいけない…

という思い(一種の焦り)と、

 

入り乱れているわけなんですが、

でもこの、3つめの思い(焦り)が大事なのかも。

と思ったりして。

 

今、打ちのめされてる、とても。

 

打ちのめされて、まだここは私の居場所じゃないよ〜こわいよ〜

ってしてる。笑

 

でも、

ここでどう動けるのか、どう泥臭くいられるのか。

だよなと思う。

 

たぶんだけど。

 

私は結構カッコつけなんだけど、今はそれじゃいけない気がしてる。

 

ついて行こう。

一生懸命。

 

そのためにどうしたらいいか、この打ちのめされた感を細分化しよう。

どんな行動が、どんな変化が、私の中で必要なのか。

 

行動の伴わないものは情熱と言えない。

のなら、伴わせて行こう。

 

 

人に会うのが好き、

考え方を知るのが好き、

という情熱に、その先の目的を見つけていこう。

 

あと、

人に会おう!

人の話を聞こう!

という行動に、基準や目的を見つけて行こう。

 

と思った。

 

会って、何を得たいのか。

会って、何を提供したいのか。

会って、お互いにとって有意義な時間を、どうしたら過ごせるのか。

 

たくさん会う。

だけでふんわりやってきたけど、

自分の進みたい道がはっきりして来ているのであれば、その方向性に進んでいこう。キメていこう。

 

なんて言う、

今日は備忘録みたいになっちゃったな。笑

 

そんな日記。

ほんわかな。


好きとか嫌いとか「この人はこう」とかって

私が私に感じてる感情の複雑さ
って奥が深すぎだなって思って。

 

私は私が好き。

だけど

嫌いなとこも多くて

わーーーってなって嫌になったり
なんでこんなことしたんだって凹んだり
反省会すごいしてる。

 

でも

自分が嫌い?

って言われたら、

そんなことない
好き

 

根本は大好き。

 

大好きだけど、
大好きと言いきれなかったり。

そこでまたもやもやしたり。

 

私が私に感じてる想いだけとっても
なんて複雑。

 

なんて複雑なんだって、話で。

 

そりゃあ、

そんなんなら、

 

周りの誰かに関しての感情なんて複雑で当たり前じゃんね。

一言で好き嫌いなんて言いきれない。

合う合わないなんて言いきれない。

 

いろんな側面があって、
いろんな顔があって、
いろんな接し方があって、

そのそれぞれに対して感じるものがある。

 

「この人はこう」

って定義して決めてしまうことって
難しいんだろうなと思う。

 

難しいよ。
だって、ひとつじゃないはず。

 

でも、こう!ってしてしまってて…

 

しちゃってるんよな〜

そんで、

その定義したことによって、
定義フィルターがかかってしまったりする。

 

それって、

もったいないのかも。

 

 

あー、

私はそこに対して、
もったいないなっても思ってるんだなぁ。

 

自分自身に対しても、
他の誰かに対しても、

ある一点(時間的でも側面的でも)だけを切り出して、
「こうゆう人」って決めちゃうことって、
もったいない。

 

きっとその定義は、
日々変わっていくものなんだと思う。

 

だって私の感情も、感覚も、
知識も経験も、価値観もなんもかんも、
日々変わっていっているんだから。

 

 

あー、

ほんとそうだな。

 

いろんな人との出会いや
誰かのちょっとした言葉が
日々の気づきに繋がるなぁ。

 

人にも、自分にも、
ありがたいなぁ。

 

ほんわかな。


「何者か」にならなきゃいけない気がしてた。

なんとなく、

いつもの日常を生きながら

 

「何か」

を見つけなきゃいけないような気になってて。

 

「何か」

を見つけないと私は成立しないとか

 

「何か」

を見つけないと、、、

、、、

なんだ?

誰かに「すごいね!!」って言ってもらえないなとか

考えてるのか。

 

わあ、、、
そんなことを考えていることに、

今、気付いた。

 

誰かに「すごい」って言われたいんだなあ私。

 

でも、それって、
なんなんだろう?

悪いことではないんだ。
私が望んでいることだったら、別にいいと思うんだ。

 

でも、

 

誰かからの評価を求めて、
誰かからすごいといわれる人生を探して・・・

 

でもきっと、
それを追い求めている私は、

周りにいてくれる大好きな人たちが

「すごいね」

って言ってくれても満足しないのではないかなと思う。

 

すなおに受け止められないのではないかなと思う。

 

 

だって、
「人からの評価」
とか言いながら、

それは、

自分が想像した
「人からの評価」
であって、、、

実際に現実世界で起こっていることを見ようとは出来ていない気がする。
(今の自分を俯瞰して考えるとね)

 

そしてそんな空想を追い求める私は、

 

常に「すごい」と言われ続ける人生でなくてはならないのでは

 

って、

どんどんどんどん
追いかけて追いかけて
擦り減っていってしまうのではないかな。

 

現実ではない空想だけを追い求めて。

たどり着けない(たどり着こうとしていない)場所を追い求めて。

 

それはちょっと、いやだなあ。

 

 


 

私は、普段、IT業界で「エンジニア」をしていて。

 

これは自分に向いているのか

とか

自分にとって今の働き方はどうなんだ

とか

 

いろいろ考えてたんだけど。

 

いろいろ悩んでいたんだけど。

 

だから最近の私は結構愚痴っぽかったんだけど。
(ごめん・・・orz)

 

でも、
こうやって考えてみていたら、

 

私は、自分が思い描いている

世間的な「エンジニア」のイメージ

に、すごくすごくこだわっているなぁって気づいた。

 

気づいちゃった。

(あくまで私が思い描いているイメージだけど、、、)

 

 

やりたいことがあるならやればいいし、

やりたくないことならやらなければいいけど、

 

でも、

きっとそこじゃないんだ。

 

エンジニアだからそうであってはいけないとか
エンジニアであればそうであるべきとか

 

そうゆうのいらない。

そうゆうのじゃない。

 

違った。

 

私がエンジニアになったのは、
その選択に「ドキドキ」したからだし、
それが間違いだったとは一切思わない。

 

なったからこそ出会えた縁が山ほどある。

 

だからこそ学べたことが山ほどある。

 

私が選んで進んだ人生だ。

 

 

今、何をやっていたとしても、
それは私が選んで好んで進んできている人生だ。

 

 

毎日「これじゃないんだ」って
思いながら過ごすのってたぶんすごい簡単で、

反対に、

毎日「ああ、この毎日をえらんでよかった!」って
思って過ごすのってすごいパワーがいる。

 

だって、
毎日何かしら身に降りかかる出来事を

「やった!」
「よっしゃ!!」
「ありがとう」

って受け入れて受け止めて感謝するってことだから。

 

「やった!」
と思えなかったとしても

「なるほどね~そうなるのか~」
って、ほのぼのと受け流すってことだから。

 

ちょっと、腰を据えて迎え撃つ必要があるよね。

たぶん最初はとくに。

 

腰を据えないでもそうできる人に、なりたいけど。

 

 

 

マイナスにしたいときはマイナスにしたっていいと思うの。

ぜんぶぜんぶ
自己責任なのだし。

 

でも、マイナスにしてばかりいると、

いろんなものが降り積もって、

見えなくなって、

自己責任なのに自己責任って思えなくなっちゃうことがある気がしてる。

 

だから、

 

たまにでいいから、

 

せめて±0でいられるくらいには、
プラスに変換して過ごしていけたらいいんじゃないかな。

 

私はきっと、
どんな出来事も自分の糧にしていけるから、

 

だから今あることを全力で吸収して、

「エンジニアだから」こうやってるじゃなくて

「私だから」こう生きている

って思っていけたらいいんじゃないかな。

 

エンジニアでいようと、
何をやっていようと、

「わたし」であることに変わりはない

のだから。

 

 

「わたし」として生きているのだから、

「エンジニアってこう」なんて人の意見なんて知らない。

 

それでいいじゃない。

 

いいじゃないか。

 

 

・・・。

 

ああ、
またこのテーマに戻ってきた。

去年からずっと考えてきたこと。

私の中での頻出ワード。

去年だけじゃなかったみたい。

 

「私はわたし」
「私は私で、それ以外の何者でもない」

 

めぐっていきますね。

 

ほんわかな*

 


低反発な人でいたいなって話。

自分の決断というか、

「こうしよう」

って思ったこととか、

そうゆうものに不安になってしまう時がある。

 

 

こんばんは。わかなです。

私は結構、忘れっぽくて
「あ、これやるんだったわ忘れてたやべ!」
ってなって焦ること多いです。

 

いい感じの言い方をすると、
「現在(いま)」に集中してしまうというか。
(いい感じに言い過ぎである)

 

だから、やらなきゃいけないことは、
定期的にノートに書きだしてたりして。

 

チェックリスト、
すごい大事。

ちゃんとやりきった感も味わえるあの感じ・・・

・・・好き。

 

でね、

だからね、

やらねば!と思ったことや
頼まれたことは、

出来るだけ、その場でやってしまうんです。

LINEの返信とかもそう。

 

じゃないと気持ち悪いし、
忘れちゃうし、

なんかずっと

「あ、あれやってない」

「あ、あれやらなきゃ」

って追われてる感じになるの。

 

つらいの。

 

だから、
さっさと終わらせて自分を自由にさせる。

 

 

とか言っても
出来てないことも多くて、

「やらなきゃ」

に押しつぶされてることも多いんですけど_(:3 」∠)_

 

でも、振り返ると、
「やらなきゃ」って思ってることって、
やってみたら一瞬なんだよなーと。

不思議なことに。

 

「なんかすごい大変なことな気がしてたけど、そんなことなかったな。」

っていつも思う。

 

「やらなきゃ」
をため込んでいるうちに、

「やらなきゃ」と思ってるのに「やってない」私を見て、

わたしが

「うわ~これ相当めんどいことなんだ~」

って思ってるのかも。

それで勘違いしちゃうのかも。

 

こわ。

 

そんなのの繰り返しだ。毎日。

 

あ、

 

それでね、でね。

何が話したかったかっていうと、

 

”すぐやる”
ってしないと忘れちゃうから、

”すぐやる”
ってならないと考えちゃうから、

 

自分が「こうしよう!こう言ってみよう!」
って思ったことについて少し待ち時間が発生すると、

 

なんだか違うのかも。間違ってるのかも。

 

って、なんか不安になっちゃうなって、思って。

こうゆう時はどうしたらいいんだろうって考えてたんです。

 

 

でも、その答えは、やっぱり、

 

”もう一度真剣に、まっさらな自分になって考えてみる。”
”じぶんの中の中まで見つめて、「で、どうしたい?」って聞いてみる。”

 

しかないのかなって。

それに尽きるのかなって。

 

『過去』のことのように感じられるから、
不安になっちゃうのかもしれない。

 

だから、
そうゆうときは、

もう一度、『現在(いま)』のことに。

自分の中でもう一回、

起こしてしまえばいいんだよね。

 

だって、答えは自分の中にあるはず。
自分の中にしかないはず。

 

もしもう一度考えてみて、答えが前と変わってたら、
それはそれでいいんだよ。

 

だって、

『前』考えてたのは『過去の私』なんだから。

 

 

ひとは毎日、毎秒、

いろんなものを目にして、
いろんな人と話して、
いろんなものを読んで、
無意識化でも耳にして、

気づかないうちにアップデートされていっている。

 

「昔と考え方がなんも変わってない」って人は、

本当に強いぶれない軸を持ち続けている人

または

アップデートしている自分を無視している人

なのではないかなぁ。

 

前者だったらめっちゃかっこいいしあこがれるけど、
後者だったら少しもったいないかも。

 

 

あ、

 

でも、

 

前者でも、私は少しもったいないと思うかも。

 

だって、

【まったく変わらない】って、

周りの何にも何の影響も受けていないってことで、

 

それはなんだか、

多種多様なものが存在するこんなに面白い世の中で、
日々進化していく考え方とか物事に対して、
こころにバリアーを貼って拒絶してしまっている

ように感じるから。

 

わたしは、

できれば、

 

紆余曲折あって、
いろいろ考え方は変わったけど、
最終的にはここにやっぱり戻ってきたな~

 

っていう、
低反発な感じの人でいたいなぁ。

 

 

あれ、

何に悩んでたんだっけ。

 

 

そんな日もあるね。

 

ほんわかな。


「不安」について考えてみたら、可能性の話になってた。

こんにちは!
わかなです。

皆さんは、

「不安」

って言葉にどんなイメージを持っていますか?

 

人によって、いろいろだろうなと思う。

 

マイナスなイメージしかないという人もいれば、

プラスに転ずるきっかけのようなものだという人がいたり、

よりよくなっていくための原動力だって思ってたり。

 

当たり前だけど、一様ではないよなと思います。

 

 

「不安」

これ、6月の自分道カフェでも話したテーマなんですけど、そこでも、いろんな意見が出ていました。
※自分道カフェって何ぞやって方はこちら見てみてね
自分道カフェという、ちょっと不思議な会に参加する理由とか。

 

私が、なんで急にこんなこと話し始めたかっていうとね、、、

今現在まさに私が、その

「不安」モード

に突入しているから_(:3 」∠)_笑

 

ちなみに、
私の場合は「不安」って、一種のきっかけだなーって思ってて。

 

たとえば、

自分について考えたり、
「何について不安なの?」って自分と対話したり、

そうゆう時間が足りてないよー!
っていう
”わたし”からのメッセージなんじゃないかなって。

 

その「不安」と向き合ってなにかを見つけられたり、

時間がたって「忘れる(慣れる)」のではなく、ちゃんと「不安を解消」できた時に、

新しいつやっつやな私が生まれ出るんじゃないかなって。

そう思ったりしてます。

 

だから、

ちゃんと向き合うぞ!!

っていう決意も込めて、
ブログ書いておこうかなって。笑

 

ついでに、
「不安」についての私の考えも深められたらいいなって。

 

*-*-*-*-*

 

「不安」

っていろんな要素があって、その時その時で「不安」を構成しているものって違うだろうなと思うんです。

だから、
同じ構成要素の「不安」が繰り返し訪れるのは、

「不安」が来た時の

・向き合う時間や
・分析して昇華させるって行為や
・改善策を講じるっていう対処が

足りていなかったってことなのかもなーって。

 

皆さんにも覚えがありませんか?

 

悩みを書き出してみた時に、

なんかいつも同じことについて悩んでるな

って思ったりとか。

 

それってきっと、
その悩みを細分化させて、
こうしたら改善するなっていう

行動

が足りないのではと思うんです。

 

・・・。

 

なんて、

こんなこと偉そうに書いてますが、私が本当に、いっつもそうなんです。

 

いつも同じことで悩んでる。

・仕事       とか

・お金        とか

・時間の使い方        とか

・人からの評価        とか

 

あ。

 

ん・・・?

 

でもそれって、ある意味、

そんなに繰り返し悩むほど、いくら向き合っても足りないほど、

その”悩む事柄”について
関心があるってことかもしれないですね。

 

その、”関心がある”ということに気づけていないから、それに割く時間が少なくなってしまって、

内側の自分が

「もっとこれについて考えよーよ!!もっと私これのこと知りたいよー٩(๑`^´๑)۶」

って、メッセージを出してる。

のかも。

 

上でも書いた、6月の自分道カフェでは、

「不安」を感じない

という人が全体の約半分(12人中5人)いたんですけど、

もしかしたら彼、彼女たちは、

自分の願望やこうしたいという想いを、細分化して分析して、着実に実行している人たち

なのかも。

だから、

「やってないじゃんよーやってよー٩(◦`ω´◦)۶」

っていう内側からの要望が少なくて、「不安」っていう表れ方をしないのかも。

 

たしかに今思うと、
参加者の中でもとくに”自分”をしっかり持ってて、ハキハキしてるなーって人たちが、「不安って感じないかも」って言ってた気がします。。。

 

 

なるほど。

 

そうやって考えてみると、私に今足りないのは、

自分との対話、自己理解。
あと、自己承認。

かな。

 

これは本当に、

前々から、

切々と、

友達にも言われてるんですけど、

「もっと自信持とう」
「ほめられたことを認めよう」

って。

 

自分と向き合って、
自分に対して

「あ、これ、私出来てるのかも」

って思ってみること。

認めること、思い切ること。

そこから、すべてが始まって行くのかもしれない。

 

たとえば、

「出来てるのかも?」って想いが小さな芽だとして、

少しでもその存在を認められていたら、「すごいね」と言ってもらえた言葉が、恵みの水になる。

みたいな。

 

そのときに、

自分の中の「できてるのかも」っていう小さな芽に、
”ほめことば”っていう水や栄養がやっといきわたるのかもしれない。

 

「できないもん」「認められないもん」
っていう覆いをして、
自分を守るふりして自分の可能性の芽を閉じ込めていたら、日差しや水や栄養までも拒否し続けてしまう。

のかも。

 

うむ。。。

 

そりゃあ、枯れるよね。。。

枯れて、クサクサして、嫌になっちゃう。

どよ~~んって。

 

だから、

そうしてしまわないために、

自分の中の

「やってみたい」とか
「できるのかもしれない」とか

そうゆう小さな芽を育てたいなら、

「風や害虫とも仲良くなるぞっ」くらいの気概で、覆いなんて取っ払ってみる必要が、あるのかも。

 

 

ふむふむ。

 

 

「不安」は、

わたし自身の、「可能性や興味関心について探求したい想い」を無視して、

ただただ見えないように、見ないようにして、動いていないことに対する、

”わたし”からの心の叫び。

かなーと、私はこの脳内劇場を経て思いました。

 

これに限らない、いろんな種類の「不安」があるとは思うけど。

 

みなさんは「不安」について、どう思いましたか?

 

 

と、いうか、

 

相変わらずすごい脱線したなぁ。笑

 

いつも、私の脳内劇場に付き合ってくれてありがとう。

 

みんなの中の小さな芽が、
あったかい太陽や、たくさんの優しい水や肥料で、
すくすくと育っていきますように~~

 

 

ほんわかな*