別にきれいごとを言うつもりはないんだけれども。

こんばんは!
若菜です。

日記というより、本当にちょっとしたつぶやき。

 

 

『大切な友達、恋人、家族がそれぞれ溺れています。
  あなたは一人しか助けることができません。

  誰を助けますか?』

みたいな質問とかって、良く見かけるじゃないですか。

 

 

これ、すごく嫌いで。

 

決められない。

選べない。

みんな助けたい。

みんなを助ける方法を考えたい。

 

 

人間関係にはさ、優先順位って確かにあるかもしれないけれど、

 

自分の人生に、

大切な友達がかけても
恋人がかけても
家族がかけても

それまでどおりに幸せになんて過ごせない。

 

偽善的かもしれないし、
力量に見合わない望みかもしれない。

 

 

でも、いや。

 

嫌なものは嫌なんだもの。

 

助けられる人でいたい。

 

友達でも恋人でも家族でも、
相手がどんな立場であっても、
私にとって大切な人なら助けられる人でいたい。

 

わがままなんです。

 

 

みんながみんな平等に幸せとか
誰も傷つけないとか

そんなの綺麗事だと思うけれど、

 

少なくとも、愛をくれる人には愛を返したい。
少しでも笑顔になって欲しい。
ほっとして欲しい。

 

自分の周りにいる人たちが笑顔でいられるような、そんなのがいい。

 

 

ほんわかな