本当にやりたくなかったこととか無いんじゃないかなって。

何もしてないのも

何かしてるのも

ぜんぶぜーんぶそれでよくて

 

私が満足かどうかが基準で

それだけでいいんだよね。

 

 

って、わかってるんだけど…。

 

すぐに忘れちゃうし、

そんなんじゃダメなんじゃ、
誰かに○を出してもらえることじゃなきゃダメなんじゃって

すぐ思ってしまう。

 

そんなことないんだよね。

 

だってこれは、私の人生で。

最終的にその責任を取るのも、
すべてを負うのも私なんだもん。

 

”だれか”じゃない。

”わたし”なんだ。

 

 

ずっと、自分のこと、

”やりたくない”

が苦手なんだと思ってた。

 

ただ言うのも、

行動として何かを断るのも。

 

 

でも、振り返ってみたら、
思ってるより”やりたくない”って言ってるしそうしてるんだよね

 

 

「断れない人」

だと自分で思い込もうとしてた気がする。

 

でも、

心の底から”やりたくない”って思ったことは
たぶん無意識的に断ってる。

っぽい。

 

 

悩んだり、

「ほんとにいいの?」って思うことって、

”やりたい”が心の中にあって

 

でも、

”やりたい”って言うのことに私の中で少しためらいがあって、

だからいつもなんか微妙な表情で、
無感情に近い感じで反応してしまう。

 

”やりたい”と思ってるし、興味を抱いているのに。。

 

 

その状態は多分、

”やりたい”

”やりたいとか言って大丈夫かな?
おこがましくないかな?
ちゃんとできるかもわからないのに…”

っていう、
保身との戦いが行われてるからなんだと思う。

 

心の中で会議が開かれてるんだよ。
きっと。秘密裏に。盛大に。

 

でもそれが表情には出ないようで。

 

だから、

誘ってくれる人によく
「え、ほんとに??断られるかと思ってた。」
って言われる。笑

 

本当によく言われる。笑

 

 

いろいろ不安になるけど、

選択に対して不安になったり
戸惑ったり
足踏みしたりもするけど、

でも、大丈夫なんだよ。

 

私の”いま”は
わたしの”やりたい”によって創られてきてる。

どんなことだって、
どんな経験だって、
”やりたい”からきっと始まってる。

 

全力で、
”やって”いこう。

 

おこがましいなんてこと、ないんだ。
ちゃんとできるかどうかは、何とかしよう。

私にはきっとその力があるし、
ひとにはそれだけの可能性があるし、
やってできないことは、ない。

 

 

昔、高校3年生のときにね。
通ってた塾のビデオ授業で、大好きだった先生が、

「できると思うこと、それができるということ。」

って言ってて、

だれかの言葉を紹介していたのかもしれないけど、
私はその言葉がとても好きで、心の支えにしていた。

 

今も同じく。

「できると思うこと、それができるということ。」

 

”やりたい”と思ったら、やるんだ。
やってみて、大反省会をしたらいい。

一人できついときは、
だれか大反省会に付き合ってください。←

 

まずは言葉を発することから。
まずは本気で思うことから。

 

ダメな可能性とか、
先に考えたって膨れ上がるだけだよね。うん。

 

ほんわかな。


「不安」について考えてみたら、可能性の話になってた。

こんにちは!
わかなです。

皆さんは、

「不安」

って言葉にどんなイメージを持っていますか?

 

人によって、いろいろだろうなと思う。

 

マイナスなイメージしかないという人もいれば、

プラスに転ずるきっかけのようなものだという人がいたり、

よりよくなっていくための原動力だって思ってたり。

 

当たり前だけど、一様ではないよなと思います。

 

 

「不安」

これ、6月の自分道カフェでも話したテーマなんですけど、そこでも、いろんな意見が出ていました。
※自分道カフェって何ぞやって方はこちら見てみてね
自分道カフェという、ちょっと不思議な会に参加する理由とか。

 

私が、なんで急にこんなこと話し始めたかっていうとね、、、

今現在まさに私が、その

「不安」モード

に突入しているから_(:3 」∠)_笑

 

ちなみに、
私の場合は「不安」って、一種のきっかけだなーって思ってて。

 

たとえば、

自分について考えたり、
「何について不安なの?」って自分と対話したり、

そうゆう時間が足りてないよー!
っていう
”わたし”からのメッセージなんじゃないかなって。

 

その「不安」と向き合ってなにかを見つけられたり、

時間がたって「忘れる(慣れる)」のではなく、ちゃんと「不安を解消」できた時に、

新しいつやっつやな私が生まれ出るんじゃないかなって。

そう思ったりしてます。

 

だから、

ちゃんと向き合うぞ!!

っていう決意も込めて、
ブログ書いておこうかなって。笑

 

ついでに、
「不安」についての私の考えも深められたらいいなって。

 

*-*-*-*-*

 

「不安」

っていろんな要素があって、その時その時で「不安」を構成しているものって違うだろうなと思うんです。

だから、
同じ構成要素の「不安」が繰り返し訪れるのは、

「不安」が来た時の

・向き合う時間や
・分析して昇華させるって行為や
・改善策を講じるっていう対処が

足りていなかったってことなのかもなーって。

 

皆さんにも覚えがありませんか?

 

悩みを書き出してみた時に、

なんかいつも同じことについて悩んでるな

って思ったりとか。

 

それってきっと、
その悩みを細分化させて、
こうしたら改善するなっていう

行動

が足りないのではと思うんです。

 

・・・。

 

なんて、

こんなこと偉そうに書いてますが、私が本当に、いっつもそうなんです。

 

いつも同じことで悩んでる。

・仕事       とか

・お金        とか

・時間の使い方        とか

・人からの評価        とか

 

あ。

 

ん・・・?

 

でもそれって、ある意味、

そんなに繰り返し悩むほど、いくら向き合っても足りないほど、

その”悩む事柄”について
関心があるってことかもしれないですね。

 

その、”関心がある”ということに気づけていないから、それに割く時間が少なくなってしまって、

内側の自分が

「もっとこれについて考えよーよ!!もっと私これのこと知りたいよー٩(๑`^´๑)۶」

って、メッセージを出してる。

のかも。

 

上でも書いた、6月の自分道カフェでは、

「不安」を感じない

という人が全体の約半分(12人中5人)いたんですけど、

もしかしたら彼、彼女たちは、

自分の願望やこうしたいという想いを、細分化して分析して、着実に実行している人たち

なのかも。

だから、

「やってないじゃんよーやってよー٩(◦`ω´◦)۶」

っていう内側からの要望が少なくて、「不安」っていう表れ方をしないのかも。

 

たしかに今思うと、
参加者の中でもとくに”自分”をしっかり持ってて、ハキハキしてるなーって人たちが、「不安って感じないかも」って言ってた気がします。。。

 

 

なるほど。

 

そうやって考えてみると、私に今足りないのは、

自分との対話、自己理解。
あと、自己承認。

かな。

 

これは本当に、

前々から、

切々と、

友達にも言われてるんですけど、

「もっと自信持とう」
「ほめられたことを認めよう」

って。

 

自分と向き合って、
自分に対して

「あ、これ、私出来てるのかも」

って思ってみること。

認めること、思い切ること。

そこから、すべてが始まって行くのかもしれない。

 

たとえば、

「出来てるのかも?」って想いが小さな芽だとして、

少しでもその存在を認められていたら、「すごいね」と言ってもらえた言葉が、恵みの水になる。

みたいな。

 

そのときに、

自分の中の「できてるのかも」っていう小さな芽に、
”ほめことば”っていう水や栄養がやっといきわたるのかもしれない。

 

「できないもん」「認められないもん」
っていう覆いをして、
自分を守るふりして自分の可能性の芽を閉じ込めていたら、日差しや水や栄養までも拒否し続けてしまう。

のかも。

 

うむ。。。

 

そりゃあ、枯れるよね。。。

枯れて、クサクサして、嫌になっちゃう。

どよ~~んって。

 

だから、

そうしてしまわないために、

自分の中の

「やってみたい」とか
「できるのかもしれない」とか

そうゆう小さな芽を育てたいなら、

「風や害虫とも仲良くなるぞっ」くらいの気概で、覆いなんて取っ払ってみる必要が、あるのかも。

 

 

ふむふむ。

 

 

「不安」は、

わたし自身の、「可能性や興味関心について探求したい想い」を無視して、

ただただ見えないように、見ないようにして、動いていないことに対する、

”わたし”からの心の叫び。

かなーと、私はこの脳内劇場を経て思いました。

 

これに限らない、いろんな種類の「不安」があるとは思うけど。

 

みなさんは「不安」について、どう思いましたか?

 

 

と、いうか、

 

相変わらずすごい脱線したなぁ。笑

 

いつも、私の脳内劇場に付き合ってくれてありがとう。

 

みんなの中の小さな芽が、
あったかい太陽や、たくさんの優しい水や肥料で、
すくすくと育っていきますように~~

 

 

ほんわかな*

 


『やりたいこと』に決まりはないんだなって。

こんにちは。
若菜です。

今はね、休憩時間に書いてる。
たぶん投稿するのは夜かな?

・・・・・

そして、すでに帰りの電車です。笑

みなさん、今日も一日お疲れ様です。

 

 

はてさて、
7月ももう終わりますね。

今の会社に入って、一年が経とうとしてます。

もう、一年。

まだ、一年。

ひとつの会社で働いた、最長記録が日々更新されています。

 

 

ここ数ヶ月、

 

いや、この半年くらいかな?

 

私はなんとも子供だったなぁと
最近、改めて思ったんですよね。

きっかけはあるけど、
それは恥ずかしいからナイショ。笑

 

もちろん、まだまだ、大人になれてるなんて思ってなくて、いつまで経っても子供です。

 

 

でも、本当に、改めて振り返ってみると、

 

わがままばっかりだった。

 

足元も
周りも
自分自身も

見えてなかったなーと思う。

 

 

この半年くらい、
『やりたいこと』
を探してました。

探してたというか、粗探ししてたというか。

 

・・・言い訳にしてたというか。

 

わかってたはずなのに、変に自分の中でカテゴリーを分けてしまってたんだと思う。

 

 

わたしは、

大好きな人たちと一緒にいたい。
役に立ちたい。
すごいねって言われたい。
褒めて欲しい。
頼って欲しい。
仲良くして欲しい。

これこそ、ただのわがままみたいだけれど、
だから、違う違うって思っちゃってたけど、

でも、

これが私の『やりたいこと』なんだと思う。

なんか、
かっこつかないけど。笑

 

だから、
実際に何をやるかとかって、多分きっとあんまり、関係ない。

得手不得手はもちろんあるから、なんでもできる!とは言えないけれどね。笑

 

でも、
それじゃダメって思ってた。思い込んでた。

違う違うって

私がやりたいことを
明確なやりたいことを探さなきゃって。

 

 

 

『ホームページがつくりたい』

『好きな人たちの役に立ちたい』

確かに、ベクトルが違って見える。
というかベクトルは違うよね。

 

だから、『ホームページがつくりたい』みたいなベクトルの『やりたいこと』を探してた。

そんで、『やりたくないこと』っていう、わがままでマイナスな気持ちに支配されちゃって、言い訳にしてた。

 

これが、なんか粗探しなかんじ。笑

 

 

でもさ、どっちもきっと同じなんだよね。
ベクトルが違うのなんて当たり前で、
いろんな人がいるんだから、ねじれの関係だってあってしかるべきで、
みんなが同じ方向を向いててぴったり重なってる訳がないんだ。

 

 

なんかね。

むりやり、
『やりたいこと』
を探したら、

「ないないないない!」って、
あれは嫌だこれは嫌だって、
嫌なことばかり見てしまってた気がする。

私がもう少し大人だったら、
そんなことしなかったのかもしれないけれど。

 

 

私の今の仕事は、
去年の8月に今の会社に入った私が想像してた仕事とは全く違う。

この半年間は、そのことに文句ばかりだった。

口には出さなくても(出してたかもしれないけど←)、嫌だ嫌だって思いながら仕事してた。

 

でもね。

ほかと比べずに仕事自体を見たら?
本当に嫌いな仕事?
やってて楽しくない?
楽しいと思うタイミングが少しもない?
周りの人達は?
職場の環境は?

考えれば考えるほど、
問いかければ問いかけるほど、
いい職場なんだ。きっと。

開発の現場はもっともっときつい。
時間だってもっともっとない。

 

確かに、
去年の夏に私が望んでいた姿ではない。

 

でも、だからこそのパラレルキャリアで。

むしろ、
今の仕事だからこそ、
私はTRIGGERに関わる時間を取れているわけで。

 

それに、考えてみたら、
一年前の私と今の私は全然違う。

求めてるものも
やりたいことの所在も。

 

 

一年前の私が想像してた現在ではないけれど、

一年前の私には想像もつかない現在になってると思う。

 

 

ちょっと前に読んだ本に書いてあったことば。
うろ覚えだから、そのままのじゃないけれど・・・

 

『楽しいこと、好きなことを仕事にするのではなくて、目の前の仕事をどう楽しむか、どう“いい仕事”をするか、創意工夫することが大事』

 

なんだって。

楽しめるかどうかは自分次第で。

それでも、頑張っても頑張っても体が辛かったら、そしたら考えるべきだけれど、

 

でも、わたしは、

文句を言うほど、言っていいほど、楽しむ努力はしてこなかったと思う。

 

私のやりたいことはもう分かったんだから、

それが、仕事内容に左右されることでもないって、もう分かってるんだから、

 

現在の自分をしっかり見つめて、

現在を楽しむ努力をしていこう。

って、思った。

 

楽しもう。

一生懸命やろう。

 

そうやって一歩一歩進んでいったら、
ちゃんと大人になって行ける気がする。

 

決意みたいな、
独り言みたいな感じになっちゃったけど、

一年間の振り返りと
反省と
がんばろーって気持ち。

 

 

ほんわかな。


そうです、私は欲張りなんです。

こんばんは!

若菜です。

今日は夜分遅くにごめんなさい。

感じたことは言葉にしておかないとな気がして、ブログ書きます。

 

でもね、

自分でも明確な言葉にできてなくて、
今回は本当に思いのままに文章を書くから読みづらいかもしれません。
ごめんなさい。

 

ある人がね、
最近良く言っていた言葉があってね、

 
私はそれを聞いて
「またこの人は突拍子もないことを考えるなー」
とか
「頭の中どうなってるんだろう。その考え方はどうやったら出てくるの?すごいなぁ。」

なんて思ってたんです。

 
でもね、
その人にはそう思うだけのきっかけがあって、
私がそれを知らなかっただけで。

 

なんかね、

誰かが何かを思ったり

考えたり

目指そうとしたり

指標にしていたり

悟りを開いているっぽかったり

そうゆうのって、その人の頭だから出てくるものだって思ってたんだけど、

なんか今回、

「あ、違ったんだ」

って急にすごい唐突に、思ったんです。
というか、気づいたというか。

 

その人にはそう思うだけの理由があった、きっかけがあった。

私はそれを知ろうともしないで
「へー、そんな風にいつも考えてるんだ」
って当たり前のように感じて、決めつけていた。

 

なんかね、もったいないと思ってしまって。

 

これからは、誰かの思いや、感じていることを聞いたら

「なんでそう思ったの?」

って聞いてみようって思った。

 
 

私と話す人からしたら、面倒臭くなるだけかもしれないけれど笑

 

でも、そんな風に誰かが気づいた、感じた、考えたきっかけをしれたら、私もそんなきっかけを逃さずに見つけられる気がして。

 

 

今回のことは、そんな自分の身にも起こって欲しいなんて言ってはいけないことだから、少し違うんだけど、

でも、

自分の周りにいる大切な人たちが何かを感じたのなら、その理由を聞いてみたい、話してくれる範囲でいいから知ってみたい。

 

私は欲張りだから、そんな想いもあったりして。

 

何かがあったときに、知らなかったなんて悔しい。

知っていたら何か出来たかもしれないって私はきっと思ってしまうから、全部なんてのは贅沢で、何様だって感じかもしれないけれど、少しでも多く、大切な人たちのこと、知っていたい。

何かあったときに話してくれなくても、どうしても耐えられなくなったときに”わかなー”って呼んでもらえる人でいたいなぁ。

 

ってね。思う。
欲張りなんです。本当に。ちょっと自分でも嫌なところなんだけれど。

 

でも、私はたぶんそうなりたいから、お節介やくと思います。
「なんだ?どうした?」
って、今にも増して面倒臭いかもしれません。

 

 

嫌に思ったら言ってね。直す。面倒臭く感じない聞き方する。
がんばる。

 

・・・・・

 

本当に、とりとめのない内容になってしまった。
ようわからんね、ごめんね。

 
とりあえず私は、みんなのことが知りたいんです。
一生懸命知ろうとするから、できる範囲で教えて欲しいなって思う。

 

 

ほんわかな。