本当にやりたくなかったこととか無いんじゃないかなって。

何もしてないのも

何かしてるのも

ぜんぶぜーんぶそれでよくて

 

私が満足かどうかが基準で

それだけでいいんだよね。

 

 

って、わかってるんだけど…。

 

すぐに忘れちゃうし、

そんなんじゃダメなんじゃ、
誰かに○を出してもらえることじゃなきゃダメなんじゃって

すぐ思ってしまう。

 

そんなことないんだよね。

 

だってこれは、私の人生で。

最終的にその責任を取るのも、
すべてを負うのも私なんだもん。

 

”だれか”じゃない。

”わたし”なんだ。

 

 

ずっと、自分のこと、

”やりたくない”

が苦手なんだと思ってた。

 

ただ言うのも、

行動として何かを断るのも。

 

 

でも、振り返ってみたら、
思ってるより”やりたくない”って言ってるしそうしてるんだよね

 

 

「断れない人」

だと自分で思い込もうとしてた気がする。

 

でも、

心の底から”やりたくない”って思ったことは
たぶん無意識的に断ってる。

っぽい。

 

 

悩んだり、

「ほんとにいいの?」って思うことって、

”やりたい”が心の中にあって

 

でも、

”やりたい”って言うのことに私の中で少しためらいがあって、

だからいつもなんか微妙な表情で、
無感情に近い感じで反応してしまう。

 

”やりたい”と思ってるし、興味を抱いているのに。。

 

 

その状態は多分、

”やりたい”

”やりたいとか言って大丈夫かな?
おこがましくないかな?
ちゃんとできるかもわからないのに…”

っていう、
保身との戦いが行われてるからなんだと思う。

 

心の中で会議が開かれてるんだよ。
きっと。秘密裏に。盛大に。

 

でもそれが表情には出ないようで。

 

だから、

誘ってくれる人によく
「え、ほんとに??断られるかと思ってた。」
って言われる。笑

 

本当によく言われる。笑

 

 

いろいろ不安になるけど、

選択に対して不安になったり
戸惑ったり
足踏みしたりもするけど、

でも、大丈夫なんだよ。

 

私の”いま”は
わたしの”やりたい”によって創られてきてる。

どんなことだって、
どんな経験だって、
”やりたい”からきっと始まってる。

 

全力で、
”やって”いこう。

 

おこがましいなんてこと、ないんだ。
ちゃんとできるかどうかは、何とかしよう。

私にはきっとその力があるし、
ひとにはそれだけの可能性があるし、
やってできないことは、ない。

 

 

昔、高校3年生のときにね。
通ってた塾のビデオ授業で、大好きだった先生が、

「できると思うこと、それができるということ。」

って言ってて、

だれかの言葉を紹介していたのかもしれないけど、
私はその言葉がとても好きで、心の支えにしていた。

 

今も同じく。

「できると思うこと、それができるということ。」

 

”やりたい”と思ったら、やるんだ。
やってみて、大反省会をしたらいい。

一人できついときは、
だれか大反省会に付き合ってください。←

 

まずは言葉を発することから。
まずは本気で思うことから。

 

ダメな可能性とか、
先に考えたって膨れ上がるだけだよね。うん。

 

ほんわかな。


勇気を出したいなぁって話。

しっかり
自分を見つめようと思う。

 

思ってグチグチ言い続けるだけじゃ
ただただネガティブでしかない。

 

これでいいんだと諦めることも
なんだか違うと思う。

 

 

諦めるって
考えた時点で
私の心はきっとすごくネガティブになってる。

 

だって、

 

諦めるんだ、今はこれでいいんだ
って言い聞かせてる。

 

言い聞かせてるなら、
きっとなにかが違うんだ。

 

そんな大人ぶった対応、今は必要ない。

ここじゃないんだ。
大人ぶった対応の使いどころは
ここじゃない。
うん、たぶんそう。

 

 

周りのためとか
世間的にとか
なんかそんなことを言いつつ
私は自分に勇気がないのを
正当化してるだけなんじゃないかと思う。
だって怖いもの。
不安しかない。

 

 

 

でも、今のままはもっと不安。
なんだよね。
不安だけど、不満だけど、
楽なんだ。

 

 

楽な方に流れていってる。
流されることを正当化してる。

 

 

でも私は、
そんな自分じゃ恥ずかしくて
そんな自分じゃ自信が持てないんだ。

 

自信が持てなくて
次の一歩目が出ないんだけど、、、

 

でも、一歩踏み出さなかったら、
ずーーーっと自信はないままなのよね。

 
それは嫌だなぁ。

 

 

今のまま
30歳になった自分は
想像がつくけど怖くて想像したくない。

 
だから、変えよう。

 

変えようと思う。
変わろうとするのは難しいから、
人間そんな簡単に変われないから、
環境から、
変えてしまおう。

 

 

そう、
ちゃんと考えることが出来てから
1週間くらい。
そろそろ、動き出さんとね。


女の子のおしゃれ

こんばんは!
若菜です。

 

今日はいい天気でしたね(´`*)
夜は少し風が強かったけれど。

私はお仕事だったので、お昼休憩のときに存分に日光浴をしました。

 

そのときにね、
ブログの内容考えてたんだけど、
結局違う事書いてる。笑

今日考えてたお話はまた次の機会に。

今日は女の子のおしゃれについて、思ったことを書いてみます。

 

ちなみに、今の私のネイルはこれ!

IMG_2985

お友達の美由紀さんに毎回やってもらってて、今回は梅雨のネイルです。
かわいいでしょう?笑

 

男の人からね、

「なんでネイルするの?」

って最近よく聞かれます。

 

あとは
「女子がよく履くレギンス?ってなに?」
とか
「男性目線だとあんまり好きじゃないよね。あれ。」
とか。

ネイルにしてもそうみたい。
男の人はあんまり好きじゃない(というか興味がない?)らしい。

 

 

ではなぜ、女の子は、

ジェルネイルやマニキュアで爪を可愛くしたり、

流行りの服を着てみたり、

アクセサリーを付けたり、

毎朝時間をかけてお化粧をするのか。

 

これはね、
私の個人的な感覚かもしれないから
「女の子は」
なんて大それたことは言えないんだけれど、

 

私はね、
「かわいい自分」に自信を持ちたいんじゃないかと思うんです。

というか、
「私はかわいい!」って自分に暗示をかけようとしてるというか笑

 

好きな服を着たら、
「あー、この服やっぱりいいな。うん、今日もいい感じ♪」
って思うし、

爪を可愛くしてたら、
「ふふふ、爪が可愛い。うん、今日もいい感じ♪」
って思うし、

美容院に行ったら、
「あーさっぱりした、うん、この私もいい感じ♪」
って思う。笑

 

お化粧にしたってそう。

朝、お化粧がうまくいくと、
「今日も一日がんばれるー\(´▽`*)/」
って思う。笑

 

もちろん、
そこに誰かからのほめ言葉がプラスされたらそれほど嬉しいことはないけど

 

それだけじゃないんです。
ほめられたいわけじゃない。

 

 

自分が好きなことをしてる人が輝いているのと同じように
自分の好きな物に囲まれているい生活が楽しいように

自分の好きな自分に少しでも近い姿でいるのって
すっごいすっごいパワーなんです。

 

それは、男性も同じなんじゃないかな?

 

 

例えばね、
誰か好きな人がいたとして、
その人に「好きだよ」って伝えるにもやっぱり勇気がいる。

 

その時にね、

自分が好きなものを身につけていたら、

ネイルが可愛くて、
好きな服装してて、
髪形が決まってて、
お化粧もいい感じにできてたら、

 

「よし、大丈夫。いま、私可愛い(きっと!!)」
って少しでも思えたら、

出ると思うんです、勇気が。

 

だから、
女の子のおしゃれは決して男の子のためだけじゃないと思うんです。

 

少なくとも私は。

自分のことを好きでいられなかったら、
誰かのことを素直に好きになるのってやっぱり難しいし。

好きになったとしても、
「私なんて」って思ってしまいやすい。

 

だからね、
私は自分を好きになるために、自分を磨くんです。

 

おしゃれをするし、
ネイルをするし、
お化粧をするし、
美容院に行く。

そうね。

私はあんまり自分に自信がないから、
なおさらね。

 

 

『自信を持つ』
って最強の武装だと思う。

だから、
おしゃれをして自分を磨くのって
昔むかーしからつづく、女の子の武装の一つなのかも。

 

なーんてね。
最近ちょっと考えてたこと。

私がおしゃれをする理由でした。

 

意見とかあったら聞きたいな—。
私はこう思ってやってるよ!とか!
お待ちしてます(´`*)

 

ほんわかな。